名刺管理ツールを賢く活用【ビジネス比較ネット】

オフィス

コストを削減する

オペレーター

電話代行サービスは、オフィス不在時にかかってくる外線を受けて、伝言を残してもらったり転送してもらう業務となります。そのサービス利用において注意すべきことがあります。その料金体制として多いのが、外線何件につき幾らといった形での料金システムが多いものですが、その規定の回数を超えると追加料金が発生するものです。そこで普段、どの程度の外線が入るのかを調べておく必要があるということです。あまりに少なく見積もってしまうと、追加料金がかなりの額となります。かといって多く見積もってしまうと無駄に高い料金を支払うことになります。電話代行を依頼するには、事前の調査と共にその兼ね合いを上手く考慮することが必要となるわけです。

電話代行サービスは、発信業務も行っています。そしてその内容に関しても実に様々なものがあります。最近人気となっているのが、営業支援となる発信業務です。これは、新商品発売に伴う宣伝活動や、マーケティングなどをコールセンターで行っている場合に、人員を増やすことなく電話代行でまかなうことができるわけです。このような工夫をすることによって、コストを大幅に削減することが可能となります。また、その発信業務の内容によっても料金が異なるために、どのような情報を発信するのか、あるいは顧客開発につなげるのかを検討することも大切です。そこで極力費用をかけずに成果を挙げることができる方法を模索することが取り組まれています。