名刺管理ツールを賢く活用【ビジネス比較ネット】

会社

コストを削減する

オペレーター

企業によって電話対応が多い場所もあり、自社では対応しきれないことが多々あると考えられます。その際、電話代行サービスを利用することで自社の電話対応にかかる人件費を減らすことができ、スムーズに業務を行なえます。

View Detail

記録をしっかりと残す

オフィス

企業にとって取引先というのはとても大切で、中には大きい商談に繋がることもあるでしょう。しかし、意味を履き違えてしまえばトラブルになり、取引先を失ってしまう恐れもあるので商談管理はしっかりと行なっておくべきだといえます。

View Detail

新しい営業

名札

テレマーケティングのアウトバウンドとは

テレマーケティングは、電話を使って行うマーケティングのことです。コールセンターを利用して、顧客の発掘や注文の処理などを行うのが主な業務で、このうち、顧客の発掘を行うのがアウトバウンドと呼ばれるものになります。 アウトバウンドは古くからある営業方法の一種ですが、近年のテレマーケティングではそれらを受注して行うところが多くなっており、それを求める企業がアウトソーシングとして利用するのが一般的になっています。 これは自社でテレマーケティング部門を持つにはコストが高すぎるためです。特にテレマーケティングでは相当数のオペレーターとそれにともなう機械も必要なことも大きく影響しており、アウトソーシングを受ける会社では、これらのコストを抑えるために地方にコールセンターを設けています。

テレマーケティング・アウトバウンドの動向について

テレマーケティングのアウトバウンドは、トータルでみればコストの安い営業手法で、拡大の傾向にあります。特に見込客を探し出すことができ、顧客発掘に繋げることができます。またアウトソーシングでアウトバウンドを行った場合には、セールスのアポイント取りや、営業のフォロー、来店来場の促進、各種キャンペーン、新商品などの紹介など、さまざまな形で利用することができるメリットがあります。 またテレマーケティングを専業に行う企業においては地方に人員や設備を有することで、コストを抑えてこれらのサービスが展開できるメリットがあります。また地方でも雇用創出が容易に行えることから、支援を行っているところも多くあり、今後も地方を中心に増えていくと考えられます。その他にも利用出来るものとして名刺管理があり、取引先などの名刺をデータ化することが可能です。名刺管理ツールはすぐに欲しい顧客データを探すことが出来る他にも、すぐにアプローチをかけることも出来るので魅力的です。名刺管理ツールを利用出来る場所は様々となっているので、比較して自社に合うところを積極的に活用することが良いと考えられます。

今後の参考にもなる

展示会場

展示会では企業の商品をアピールすることが出来る場所でもあり、様々な情報収集も行なうことが出来ます。また、アンケートなどをとることによって意見を聞くことができ、参考にもなるでしょう。

View Detail